ぴよぴよエンジニアの日記

クラウドベンダーに勤める見習いSEの日記です。発言は私自身の見解であり、必ずしも所属組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

Xamarin.Forms × IBM MobileFirst Foundation プロジェクトの作成

f:id:Santea:20161203154823j:plain

本エントリーは連載エントリー Xamarin.Forms × IBM MobileFirst Foundation の一部となっております.


本エントリーでは IBM MobileFirst Foundation プロジェクトの作成を行います.



プロジェクトの作成

f:id:Santea:20161203222541j:plain

Bluemix のログイン後の画面で、右上の"カタログ"を選択します.



f:id:Santea:20161203222553j:plain:w360

左側にカタログ一覧が表示されるので、その中の"モバイル"を選択します.



f:id:Santea:20161203223040j:plain

バイルアプリケーション一覧が表示されるので、"Mobile Foundation" を選択しましょう.



f:id:Santea:20161203225301j:plain

Mobile Foundationサービスを作成します. 今回は、Mobile Foundation-Sample という名前にしました.
価格プランはデフォルトの開発者のままで作成します.



f:id:Santea:20161203224101j:plain

サービス作成が成功したら、基本サーバを起動を行います.



f:id:Santea:20161203025654p:plain

サーバの起動には少し時間が掛かります(私の環境では3分程度掛かりました).



f:id:Santea:20161203224652j:plain

サーバが起動するとこのような画面が表示されていると思います.
次にコンソールの起動を行います. 目のマークをクリックするとパスワードを表示できるのでコピーしましょう.



f:id:Santea:20161203224913j:plain

ユーザ名: admin, パスワード: 先程コピーしたパスワードでログインしてください.



f:id:Santea:20161203225050j:plain:w360

ログイン後の画面で、アプリケーションの"新規"を選択してください.



f:id:Santea:20161203230209j:plain

Android 用のアプリケーションを作成する場合は Android を選択します.

パッケージ名は Android のパッケージ名と一致させる必要があります.


f:id:Santea:20161211233739j:plain

iOS 用のアプリケーションを作成する場合は iOS を選択します.

バンドルID は iOS のバンドルIDと一致させる必要があります.




以上がプロジェクトの作成になります.